ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

指数移動平均線を使う

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
本日は今のところ相場にこれといった動きがないですね。

昼間に2回トレードしましたが

どちらも反応が悪く微益で撤退しました。


入ったタイミングはtwitterで実況してますが

ドル円、オージードル共に10pp合計20ppの利益でした。


さて、今回はテクニカル紹介第4弾。

指数移動平均線(EMA)について記録します。



人気ブログランキングへ

フィボナッチの使い方【リトレースメントとエクステンション】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
テクニカル第三弾として

今回はフィボナッチに焦点を当てたいと思います。


過去のテクニカル記事はこちら

PivotPointでのプライスアクション

ローソク足形状

このフィボナッチ。

エントリーにもエグジットにも使える優れ物ですが

私も最初は『何でこんな中途半端な%で反応するのだろう?』と思っておりました。


フィボナッチ数列に関しての説明は省きますが

とにかく反応しているものはしょうがない・・・。


おそらくPivotと同様

殆どのトレーダーが意識しているテクニカルだからだと思います。


ちなみに、戻りを計るフィボナッチリトレースメント

反発度合いを計るフィボナッチエクステンションがあります。


前置きはこのくらいで

早速私がこのフィボナッチをどのように使っているのか、説明したいと思います。

一目でわかるように下のチャートに情報を詰め込みました。ご覧ください。



人気ブログランキングへ

ローソク足形状 【Pin Bar】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
ローソク足形状はいろんな種類があり

また、その実用例がネットでも数多く出ています。


あえてこのページで全てを取り上げることはしませんが

その中でも紹介したいのがこのPin Barです。

Pin Barとは

ローソクの実体より長い髭を付けると反転のサインである

という非常にシンプルなものですが、なかなか強力なんですね。


私がFXを始めてすぐに結果が出たのが、このPin Barを使ったトレードでした。

人気ブログランキングへ

PivotPointでのプライスアクション

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
数あるプライスアクションで私が重要視する1つが

PivotPointです。

下のチャートはユロドル4H足ですが

PivotPointで反応している所に赤丸しています。(ちょっと見にくいですが・・・)

尚、DailyPivotは点線WeeklyPivotは実線です。

人気ブログランキングへ