ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

プルバックという相場の特性【ロールリバーサル】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
前回は相場の集団心理

ということで軽く記録しました。


どうして相場の価格は上下するのか?

という当たり前の事が

なかなかトレードをしている最中は

ローソク足の動向に一喜一憂して

忘れてしまいがちになります。



今回はその集団心理のポイント

サポート・レジスタンスゾーン(SRゾーン)について考えます。


このSRゾーン。


チャート上で過去プライスアクションが起こった

相場参加者に意識されたラインが

未来も同じように意識されるだろうと

予測するために使います。


その際にどうトレードに活かすか。

下の図をご覧下さい。


ブログランキングへ


まず、SRゾーンの引き方ですが

過去のチャートでローソク足が複数回反発したポイント

ここに引きますが

ピンポイントでは考えず、少し幅を持たせて(ゾーンで)考えます

そこでエントリーのトリガーを引くために使用するのが

【プルバック】という相場の特性。


相場は上がるにしろ下がるにしろ

直線的に進まず必ず【プルバック】という戻しが入ります。(俗に言う押し目戻し目)


SRゾーンを突破した場合

飛び乗りでエントリーするとダマシに合うか

プルバックでの戻しで含み損を抱え

精神的にも辛くなります。



ですので、上の図のようにまず相場を走らせます。

そして、突破か反発かをしっかり吟味して

プルバックでエントリーします。


そうすることで、すぐに利が乗ってトレードが楽になります。

しかも、ストップまでの距離も短くて済みますので、一石二鳥です。

このプルバックの戻しの最終地点を探すのが

フィボナッチであり、EMA(指数移動平均線)、ダイバージェンスです。


もし、プルバックが発生しなかったり、浅かった場合は??


そこでのエントリーは諦め

次回もしくは他の通貨を探したほうが良いでしょう。


では、実際のチャートで見てみましょう。


ロールリバーサル

このプルバック。


SRゾーンでは、ロールリバーサル(役割転換)として非常に良く機能します。

このロールリバーサル

今までレジスタンスだったポイントが

サポートに役割が変わるということ。



このように相場参加者の心理

飛び乗りした素人や初心者など

相場を理解していないトレーダーを殺す機関投資家たちの心理

この心理にどこまで近づけるかが

勝つか負けるかの分岐点だと思います。


100%はうまくいきません。


プロのトレーダーたちも勝率はそれほど高くないと聞きます。


失敗して只々悔しがって終わりにするのではなく

どうしてここでこうなったのか?

何が間違っていたのかを分析して

一歩でもその心理に近づいていきたいと思います。


もっと詳しく!!という方はこちら⇒欧米のプロトレーダーが使うテクニカル!!



では!!

【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/86-04c928ed