ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

10月25日 ポンドドルトレード結果

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
昨日の相場観に書いた通りに、昨日の夜と本日昼トレードしましたが、結果はマイナス10pipsでした。

しかし、考え方は合ってました。

違ったのは戦術のチャネルラインの引き方。

反省も兼ねて、ではどう対処すればよかったのかを記録します。

下のチャートは15分足。

ブログランキングへ



昨日の段階での予測は青のチャネルライン。

ここを下抜けた戻りをエントリーとのことでしたので、言葉通りにエントリー。

反発し、下がってましたので間違いないかなと思ったのですが、それにしては勢いがない・・・。

フラッグっぽくなったので、もうひと上げあると判断し、10ppで撤退。

ここもいい判断でした。


本日、仕事中にチャートを見ると、緑のラインでのチャネルが機能してるな、と判断。

昨日の記録通り、直近高値まで戻して来たら、ダイバージェンスを見ながら・・・という事でしたので実行。

上限タッチ後、ショートエントリー。

1回目はまたもフラッグっぽく感じたので撤退。

しかし、もう一度エントリー。

すぐ利が乗ったので、ストップ建値で放置。

30pp程順調に含み益が出てましたが、英の指標で大きく上へはじかれ、建値をストップに置いてましたが、その場所が滑りマイナス10ppで約定してました。残念。

どこか、スリップしないFX会社はないものでしょうか?(苦笑)


しかし、面白いのが、昨晩のショートの場面。

やはり、相場は集団心理。

私と同じ考えのトレーダーが同じ場所でエントリーしたのがわかります。

しかし、それが大勢を占めてなかった。

判断の間違いは、青のチャネルを引く際の3点目。

実はまだあの時には、その3点目が決まってなかったんですね。


今日は、今からもう一度仕事に出るのでトレードはしませんが、明日からまたチャート分析に入りたいと思います。


では!!

【ハーモニック無料体験】
ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/85-81bcb893