ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

10月14日週 ドル円相場観【エリオット波動分析】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
金曜日の円売りに私も含め撃沈した方が相当いらっしゃるみたいですね・・・。

相当な勢いでしたが、明日からの考え方をエリオット波動的に考えてみました。

ドル円4H足。


人気ブログランキングへ 
上のチャート、記入しすぎてゴチャゴチャしてしまいましたが、

①三角上限からの一連の下げをエリオット波動で見てみると現在第4波であり、もう一度下げの第5波を形成する可能性がある。

②そのエリオット波動の第2波と現在の第4波がほぼ同距離まで来ている。

③フィボナッチの50%、38.2%、23.6%では過去プライスアクションが活発になっており、ここで一旦反落もしくはレンジになる可能性がある。



以上から、現在の場所で少し揉むのかな・・・と思います。

上昇する懸念材料は、上昇の勢いが落ちてないことと、フィボナッチ50%で週が終わってますが、ヒゲをつけてないこと。

明日の始まりを注視しないといけませんが、ここでいきなり反落と考えるのは危険です。

もし、上に続伸するようであれば、直近高値の2点。ここを超えてくると当然目線変更です。


ここで、明日からの1週間のWeeklyPivotはどこなのか??

計算方法は【(前週の高値+安値+終値)÷3】ですので、
私のチャートでは【(98.587+96.561+98.585)÷3=97.911】

絶対ではないんですが、相場がWeeklyPivotを確認しに来るとすれば、98円前後に戻す時があると思います。


ということで、市場参加者でロングで望む勢力とショートで望む勢力が強くなる場所がだいたい絞れるのかな?と思います。

相場は開けてみないとわかりませんので、まずは明日の動向を見守りたいと思います。


では!!

【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/74-f0ce37b8