ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

10月9日ドル円トレード結果とユロドル展望

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
今日は仕事を休みました・・・。と言うか歩けません。

右足に激痛が走っております。

病院の検査だと、血液検査の結果待ちですが【痛風】の疑いがあるとか・・・。

こんなに痛いもんだとは・・・。気持ち的にチャートを見る気もないんですが、昨日のトレード結果が出ましたのでその記録と、簡単にユーロドルの展望を。

ドル円1H足。


昨日の記事の展望にも書きましたが、今週はまだWeeklyPivotを確認して来てなかったので、短期的にロングと見ておりました。

ヘッド&ショルダー完成後、調整波ができて上昇チャネルが引けました。

一度そのチャネル下限とフィボナッチ61.8%、直近高値の3つの根拠でロングエントリーしましたが、上伸後下がったので建値に引っかかりました。

そこでもう一度フィボナッチ50%、55EMAの97.2円でエントリー。

指値を、WeeklyPivotとフィボナッチエクステンションが重なる97.7円に

FOMCをこなし、結果はチャートの通りです。

上値を中期のチャネル上限に抑えられ、昨日の展望通りになりました。

ここからは、まだ上へ伸びるのか、それとも私の読み通りに行くのか・・・推移を見守ります。


次にユロドル。
eurusddaily-10-10.png

日足で見るともうすぐエントリーポイントかな?と思っております。

上下のトレンドラインに挟まれた中で、今50%付近にいますので、どちらに行くかは相場に決めてもらうとして、ロング目線ならどうなるかを図示しています

長期予想なので、この通りには行かないまでも、頭の片隅に入れておくことで中期短期のトレードに非常に役に立ちます。


ということで、昨日のポイントはやはりWeeklyPivot

簡単なテクニカルが大きい意味を持ついい見本になったなと思います。


では!!

【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/71-8fb23841