ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

10月2日 オージードル相場環境

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
ドル円は先日の相場観が上手くハマって、下方向に進んでますね。

ポジションを少し残してますので、97円ジャストまで伸びればいいな・・・と思っております。

ちょうど97円付近が突破された三角上限のラインが来ますので、ロールリバーサルでサポートと意識される可能性が大きいと思います。


さて、本日はオージードル。

私が使っているテクニカルがズバズバ反応してますので、今後の相場観を記録しておきたいと思います。

まずは日足。


相当な勢いで下がってきたんですが、今はその調整に入ってました。

以前のオージーの相場観に記録した通りになってますね!!

その調整からの反発ポイントが、ちょうどフィボナッチの61.8%で反応してます。

長期の相場の優位性としては、もちろんショート方向ですね!!

波はありますが黄色の線の方向だと思われます。

仮に上方向へ行くのであれば、フィボナッチの50%を確認して、下へ方向を変える・・・という可能性もありますので頭の片隅に置いておく必要があります。

次に4H足
audusdh4-10-2.png

短い時間足で見ても、テクニカルがズバッと当たってますね!!

窓を開けて上へ向かった相場ですが、長期下げの調整のような気がします。

事実、先ほど日足で見たようにフィボナッチの61.8%で戻されました。

その下がってきた相場も、上のチャートに示したようにフィボナッチやPivotなどテクニカルでのプライスアクションが起きてます。

ここでひとつ重要なのが、まだギャップが埋まってないこと!!

そこを考えると、やはり下方向。エクステンションを使って、目標地点も図れます

twitterにも書きましたが、お昼に戻しを狙って0.938で待ってましたが、ヒットせずに下がってしまいましたので、トレードできませんでした。

またチャンスがあるので、飛び込みエントリーはせず、そのチャンスを待ちたいと思います。

いかがでしょうか。

あらかじめ流れを自分で確認することが、エントリーのトリガーを引くデシジョンとなりますので、今後も続けていきます。

では!!

ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/63-47666542