ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

9月30日 10月1日 ドル円トレード結果

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
昨日は、相場観のブログ記事を書いてるそばからロンドンフィッキングの影響か、勢いをつけて窓を埋めに行きましたね・・・。

チャートを見ながら今後の成り行きを考えていたら、ちょうど反発しそうなタイミングがあったので、流れは完全なる売り一色だったんですが、ロングエントリーしました

昨日の相場観にも書きましたが、その時点でまだ週明けの窓を埋めてなかったですし、調整が入る頃かとも思いました。

では、チャートを見ながら・・・1H足です。



ギャップを埋めることなく、勢いそのまま下値を狙い直近安値を更新していきました。

そこに、ダイバージェンスが点灯しました。

昨日の記事では長期の三角下限を下抜けしました。と書きましたが、やはりそこは長期のサポートラインですので戻される力も大きかったですね。

エントリーとしては、twitterでも実況しましたが、ダイバージェンスが確定する前に早めにロングエントリーしました。

ここは自信がありました。

しかし、ストップを置いたんですが、間違えて建値の10pp下になってまして、引っかかってしまいました・・・。

すぐ気づきましたので、もう一回ロング。

しかも、今回はPinBarというテクニカルのおまけ付き。

ポジション多めで入りました。

結果は、勢いをつけて上がって行きました。

あまりにも勢いがあったので、ちょっと不安になりました。というのも、相場は下方向。どこかで売りたいと思っていて、昨日の記事にも書きましたが、98.2円付近でショートと構えてました。

しかし、この上がり方はとても98.2円で止まるとは思えません。

ロングを手仕舞いし、様子を見ました。

売り場をどこにするか?twitterにも書きましたが98.5円付近を狙いました。

理由は、この勢いがあればWeeklyPivotを確認しに行くだろうということ。

しかし、眠くなったのでIFD-OCO注文して寝ました。指値は少し高めの98.6円。

本日昼、指値に掛かりそのまま下がってくれました。

ポジション少し軽くして、まだ保有中です。

今までのところ、昨日の相場観通りにことが進んでいます!!


しっかりと利益も取らせていただきました。


しかし、相場は日々映ろいを変えていきますので、慢心せず対応していきます。


では!!



ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/62-30b90289