ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

フィボナッチの使い方【リトレースメントとエクステンション】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
テクニカル第三弾として

今回はフィボナッチに焦点を当てたいと思います。


過去のテクニカル記事はこちら

PivotPointでのプライスアクション

ローソク足形状

このフィボナッチ。

エントリーにもエグジットにも使える優れ物ですが

私も最初は『何でこんな中途半端な%で反応するのだろう?』と思っておりました。


フィボナッチ数列に関しての説明は省きますが

とにかく反応しているものはしょうがない・・・。


おそらくPivotと同様

殆どのトレーダーが意識しているテクニカルだからだと思います。


ちなみに、戻りを計るフィボナッチリトレースメント

反発度合いを計るフィボナッチエクステンションがあります。


前置きはこのくらいで

早速私がこのフィボナッチをどのように使っているのか、説明したいと思います。

一目でわかるように下のチャートに情報を詰め込みました。ご覧ください。



人気ブログランキングへ

①まず、トレンドの調整が入ったら、左上の青○から次の安値までフィボナッチを引きます。

ここで、作業としてどちらから引くのか?という疑問が湧きますが

フィボナッチリトレースメントだけをだけを見るのであれば

どちらから引いても構わないと思います。


私はエクステンションも反映させたいので

新しいローソクの方から引きます。


②この調整が終わる場所(エントリーする場所)の予測をフィボナッチリトレースメントで絞ります。

ココでのエントリー候補は上のチャートの76.4%~61.8%のゾーン(38.2%戻し)

61.8%~38.2%のゾーン(半値戻し)このどちらかで

ほかのテクニカルと合わせてエントリーポイントを決めます。


今回は61.8%ドンピシャで反応してます。

直近安値と重なっていたので反応したのかな?と思います。


③ストップを置く。

ストップの候補は二つ。

直近高値の上か、フィボナッチ23.6%の上(撤退ゾーン)


④エグジットに指値を入れる。

ここで、フィボナッチエクステンションの出番です。

目標の測り方は、38.2%戻し→161.8%付近。半値戻し→138.2%付近。

今回は綺麗に161.8%まで素直に伸びて止まってます。



いかがでしょうか。

注意したいのは③と④。

報酬比率を考えてストップまでの距離と

エグジットまでの距離が2倍以上あること。


フィボナッチを使えば2倍以上になりますが

エグジットまでの間にSRゾーンやPivotなど

強力なプライスアクションを起こす要因がある場合は注意が必要です。


エクステンションは別にして

リトレースメントはエントリーには必ず使います。


これはあくまでも私の使用方法ですので

これが正解だというわけではありません。


過去のチャートでこのフィボナッチを試してみると面白いように反応しているので

検証して見られては?と思います。


もっと詳しく!!という方はこちら⇒欧米のプロトレーダーが使うテクニカル!!



では!!

【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/60-72e2d76a