ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

【限定公開】動画 FXトレード理論⑧【SRゾーンの考え方㈠】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

いよいよ核心に迫っていきたいと思います。

SRゾーンをどういう考え方でチャート上に示すのか?


今回は模式図を使って説明し

次回からはそれをもとに実際のチャートで見ていきます。




SR-ZONE.png



この簡略図の黒の波は上昇トレンドが転換し

下降トレンドへと推移した場面を示しています。


つまり、今後はショート戦略で売りを狙いたいための

レジスタンスゾーンを絞り込みたいわけです。


この時考えなくてはならないことは

上昇トレンドに乗ってきた買い勢力や

まだまだ買いが続くと思っている新規の買い勢力の動向です。


最高値を付け、押しをつけてきている時点で

一番早い押し目候補は恐らくAのレートです。

直近高値ですね。

そこからの期待はXのような波を思い描いているに違いありません。


次に買い勢力が入ったと思われる場所は

Bのレートです。

波が続こうとした形跡があります。

恐らくYのような今後を期待したでしょう。


しかし、Xを期待した人もYを信じ込んだ人も

Bのレートを下抜けた瞬間に利確や損切をします。


高値更新できずに安値を割ってきたBのレートは注目されているからです。


そうするとこのABの間はいろんな思惑が入り混じった場所ということになります。


そうこのゾーンがレジスタンスゾーンとなるのです。


これは結構な核心的な話をしました。


もしこの記事をお読みになっているのなら

理解するまで何度も読み直すことをお勧めします。


さあ、次回からは実際のチャートでこのゾーンを見ていきたいと思います。












ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/580-a1539423