ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ドル円のショートのアクセルを緩める時期?

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
トランプラリーで上がってきた相場が

今現在調整の下落となっている。


正月明けからショートで攻めてきた小生だが

昨日の下落で一旦ショートは保留とした。


下の画像を見てもらいたい。

2017-1-13.png



日足だが、ハーモニック バットパターンが完成した。

ハーモニックの起点Xは

重要なレジを突破した起点をとっている。


しかも昨日のローソク足は

見事バット完成のXAの88.6%をタッチするや否や

反転して長い下ヒゲを残した。


そして4H足の画像。


2017-1-13-1.png


スリードライブが見て取れる。


もちろん何らかのファンダメンタルで

下値を追う可能性も否定できないが

テクニカルで勝負する小生は

ロングの意思表示を待つこととする。


プランとしてはもう一度バットのPRZを確認しに

プルバックでの戻りを待ち

そこで上向きのシグナルを待つことなるだろう。


もし、このバットのPRZを抜けた場合は

プルバックでついて行くというのは言うまでもない。





【ハーモニック無料体験】
ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/530-d7355074