ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ポジションと相場の関係②【ダラダラ相場がもたらすもの】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
career-1019823_960_720.jpg

前回の続きです。

相場のセンチメントが決まって一方向への圧力が強まると

得てして相場は動きづらくなります。


この感覚は普段トレードをしていると

少し掴みにくいですが

非常に重要になってくる場面があります。


前回話した通り、一方向へポジションが傾くと

売買が成立しなくなり

相場の動きが遅くなります。


ここでチャートに見えるのが


ダラダラ相場


例えば上昇局面で、上にダラダラ進む相場です。


この場面で相場参加者に

どういう心理が働いているかといえば


【ロングポジション保持派】
一応上には向かってる。少しでも利益を伸ばすため決済はまだだ!

【ロング目線参加したい派】
ロングエントリーしたいが、押し目を付けに来ないのでタイミングがなく入れない

【ショートポジション保持者】
含み損だが一気に上へ行くでもなく、もしかすると反転するかも。損切りはしない。

【ショート目線参加したい派】
もうすぐ転換だ!そうなったら参加しよう。


この参加者たちの心理を見ても分かるように

ポジション操作が極端に減ってくるんですね。


では上に行くにしろ下に行くにしろ

次のアクションはどうやって生まれるのか?


それは

【ロングポジション保持派】の大きな決済か

【ショートポジション保持派】の大きな損切りか

となりますが、どうも前者が多いような気がします。


大きなロングの決済=ショートポジション

が入ってスコーンと落ちる。


それを見た他のロングポジション保持者も

我先にと決済する。

待ってた新規の売りも入ってくる。


相場転換ですね。


こうしてダラダラ相場が一気に転換していくという流れです。


ダラダラ相場はチャート形状でいうと

フォーリングウェッジになりやすく

エリオット波動でいうところの第5波も

ウェッジになりやすい


このことからもダラダラ相場は

トレンドの終焉が近いということかも知れません。






ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/486-f70c178c