ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

優位性の考察⑤【場面を考える】

Posted by TOM on   2 comments   0 trackback

優位性の一つとして

【V字否定後の戻り売り】

と言うパターンを以前示しました。


詳しくはコチラ
↓↓↓↓

鉄板エントリーポイント



しかし、チャートを見ると

こんな場面はいつでも存在します。


上記記事の中でも

V字を二つ示してますね。


この【V字否定後の戻り売り】

これがチャートに現れたからと言って

盲目的にエントリーしても

上手くいくときもあればそうでないときもあります。


ではどうするのか?


このパターンを使う場面があると言うこと。


もっと言うと


最初に場面が大事

場面ありき


と言うこと。


では、その場面と言うのは何処なのか??


それは


重要なサポートやレジスタンスからの反発であったか!


パターンより先に場面


それが大事です。




【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Comment

ありがとうございます
わたしもいろんな情報のつまみ食いで、使えるな!というのを取捨選択しているだけですよ。
ですので、そう言われると恥ずかしいですが、今後も使えるな!という情報を自分なりに検証してお知らせしていきますね。

昨日から38度の熱で頭がもうろうとしています・・・。
風邪など引かないように頑張っていきましょう。
2015.11.04 13:24 | URL | TOM #- [edit]
チャート考察の視点が一変です
パターンを教える無料講座はよく目にしますが、TOMさんが伝えたい部分を教える人はほとんどいません。
正直なとこ、この部分を私は分かっていませんでした。
TOMさんがよく口にする、発射台が重要だということがようやく腑に落ちました。
これまで以前の記事を全然読んでいなかったことで、チャートの見方が分かっていませんでした。
これからも具体例を挙げながら、ご教示いただけるとより理解が深まります。
今後ともよろしくお願いします。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/439-e17a5694