ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

FXは上か下かじゃない!?

Posted by TOM on   2 comments   0 trackback

stock-exchange-911619_640.jpg


自分がポジションを持ったら

後はその方向にズンズン行って欲しい・・・。


ポジションを持った途端に

すぐ含み益でストレスなくトレードしたい・・・。


私を含めて誰しもが思う心です。


相場は上か下かしかない!

このブログでもそのような文言を使ってます。


もちろん、今のレートからすると

次の瞬間は上か下かしかない。

それは間違いではないのですが・・・。


バイナリーオプション


ご存知の方もいると思いますが

これがまさしく上か下かの High Or Low

この瞬間から特定の時間までにレートが上か下か。


バイナリーオプションをやってる方ならそれでいいんです。



しかし!



私たちがやっているのはFX。



エントリーのタイミングも自由ならば

エグジットのタイミングも自由。



トレンドを利用しての為替差益を狙ってます。



そんな中相場のかなりの割合を占めるのが


レンジ状態(揉み合い)


その差益を大きく狙う私たちには判断が難しい場所。


そのレンジの取っ掛かりの場面では

エントリーしても思う方向に行かず

精神的苦痛を味わう羽目に・・・。



非常にトレードが難しくなります。



ですのでFXでは


上か下かだけではない。


レンジ(横に行く)


という概念も必要です。


ですので相場では常に

『レンジになる可能性』

と言うのを考えないといけません。


その判断はどうするのか??


今後記事の中で示して行きたいと思います。












【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Comment

ご無沙汰でした!
ma-yamaさん

お久しぶりです!
ご心配以下お掛けして申し訳ありませんでした。
コメントも返信しませんで・・・。

ma-yamaさんが極めてらっしゃるアノマリー。
昨日のNFPのジブリの呪い。
見事に弱い結果になりましたね。

しかしこの結果が今の膠着状態を打破できるだけのインパクトがあったのか?
見極めが必要ですがドル円ユロドルを見てもまだ、テクニカルの範疇だと考えています。

NFPのこの事実が出た後のチャート形状に注目しています。
私には相場分析のツールはこのチャートしかありませんから・・・^^

2015.10.03 10:55 | URL | TOM #- [edit]
祝!完全復活 !!!
TOMさん、
遅ればせながらお帰りなさい。

少し前にユーチューブからのメール知らせから動画を拝見し、復帰間近を知りました。
また精密且つ的確な相場解説が拝見できると思うとうれしくなります。

入院中は勝手にコメントを書き込んで、寂しさを紛らわせていました。
TOMさんからはノーコメントであったことから、さぞや気分を害していたのだと思い反省しています。

その頃に書き込んでいたドイツDAXの下落トレンド予想が、見事に進行していますね。
水星逆行のアノマリーに例外はないことが確認できた事例ですね。

そして今もその期間真っ只中、NFPを迎えました。
実は今回のNFPは、水星逆行のアノマリーに匹敵するほどの法則に当てはまります。
なんと2年2ヶ月ぶりの沈黙を経て、ジブリ作品とNFPが重なる日に当たります。

2年余り前、あのウォールストリートジャーナルが、「ジブリの呪い」のタイトルで大きく取り上げ、
世界的に広まったアノマリーです。
この呪いには大変興味がありましたので、ググッて調べて見ました。
そして過去検証をしていけばいくほど、その事実に驚かされました。

この検証については、LINKにもなっているFX為替チャートさんの今日のブログのコメントに記しておきましたので、ご興味があればご覧になって下さい。

そして忘れてはならない、水星逆行期間とのコラボになることがどう作用するのか?

記憶に残る秋の夜長になるか、しっかり確認したいと思います。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/426-7b9701c5