ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

スキャルトレード

Posted by TOM on   6 comments   0 trackback

中期レンジの中でのトレードは

どうしてもスキャルにならざるを得ません。


まあ、トレードができないわけではないので

こういう相場の中でも

コツコツと利益を上げることはできます。


久しぶりに簡単ですがトレード結果を・・・。






本日は2トレードでした。


詳しくは端折りますが

ブルーのゾーンから短期で売りが入るのは

十分想像できました。


1発目はそのゾーンへ突っ込むロング。


ADPの直前でしたが

結果はどうあれこのゾーンまでは来るだろうと

ロングしました。


ゾーンに突っ込んだ地点で利確。


そしてすぐにショートの準備。


もう少し待とうかとも思ったんですが

ロスカットも極僅かだったのでエントリー。


こちらも欲張らずいい所で利確しました。


ちょっと上手くいきましたので

本日2回目ですがアップしておきます。


では!!



【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Comment

ノーサンキューじゃなくて良かった
いくらかは参考になっているようで何よりです。
点と点を結び線になり、その線同士をつなぎ合わせ、面で捉えて値動きを読み解くことが可能なのがファンダメンタル分析。
これからもネタがあればコメントしますね。
2015.02.06 00:13 | URL | ma-yama #- [edit]
まだまだユーロは流動的ですね
ユーロドルも転換期を迎えたか?と思わせたかに見えましたが、まだまだ先は長いようですね。
ドル円はやはり117円からの公的資金の買いが見られますが、そのパワーも限定的になってきてるのがわかります。
トリガーは明日だと信じていますがどうでしょうか・・・。
ma-yamaさんのコメントは霧の中の羅針盤のごとく感じています。本当に感謝です!!
2015.02.05 21:03 | URL | TOM #- [edit]
下のコメントの修正です
今日の日経平均は寄付きから引けまで、85円の上昇ではなく下落の間違いでした。
ゴトー日で輸入勢が買ってた関係で10銭上昇したようです。
今週3回目の日銀のETF買いがあったにも関わらず、下げ幅拡大して大引けしているところからも、リスクセンチメントの悪化が窺えます。
なかなか霧の晴れない地合いが続いてますね。
2015.02.05 18:01 | URL | ma-yama #- [edit]
市場に漂ったリスクオフの空気
ECBがギリシャ国債を担保としてEU内の銀行に資金を貸し出す制度を停止すると発表しました。
この措置でギリシャの銀行の資金繰りが難しくなるとの懸念が浮上し、ギリシャのデフォルトが意識され、リスクオフに傾いたというところです。
つい一昨日まではギリシャリスクが大きく交代し、1、1530レベルまで大きく反発したユーロドルでしたが、今月末に迫った救済プランの期限まで燻りそうな気配です。
ドル円の方は最近見られる日経平均との連動が薄れ、寄り付きから引けまで85円上がったにも関わらず10銭下げ、昨日に至っては130円上昇に対し10銭しか上がっていません。
ここからも窺えるように、材料が出たらドルを売ってやろうということだと思います。
しばらくロングは様子見の方が良さげですね。
2015.02.05 17:43 | URL | ma-yama #- [edit]
焦りは禁物ですね!
すぐにどうのこうの・・・というレベルではないんですね。
すいません。焦ってました。
じっくり見極めが重要ですね。
昨日の新聞では、ギリシャの新政権もかなり上から目線のような気がして、ドイツとの軋轢が生まれて何かサプライズが起きないかと思わずにはいられません。
ファンダメンタルを読む技量は皆無ですので、今のトレードに影響するような勘ぐりは、しっかり勉強してからにしたいと思います。
2015.02.05 15:27 | URL | TOM #- [edit]
水星逆行ロジック
TOMさんの質問に答える意味で、水星の逆行が終われば、それに合わせてトレンドが終わるとか、反対の地合いに向かうとかいうわけではなく、トレンドが出たらその後しばらくは継続し、後に反対方向に動きだすというイメージです。
ですので今のバイアス的にNFPでネガティブサプライズさえ起これば、下落トレンドが発生、しばらくは継続し時間経過と共に終息、後に上昇トレンドへ進み長く継続しやすいということです。
ですので原油もしかり、株式市場もしかりでこの時期にトレンドが発生している相場からヒントが得られると考えます。
普段チェックしていないですが、ドイツDAXが高値更新を続けている辺り、注視したいと思います。
2015.02.05 10:31 | URL | ma-yama #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/391-d8a21deb