ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

8月5日週ドル円相場観

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
先週は98円を挟んでのレンジ相場から上へブレイクし、押し目という押し目をつけずに100円手前まで上がって行きました。

レンジでのトレードで少しだけ利益が出ましたが、その後の上へのトレンドは押し目がなかったのでそのまま見てるだけ~・・・となりました。

昨日の雇用統計で、一気に下がりましたが、結果だけを見ると、7月26日に書いた記事のルート①がドンピシャ正解でした(笑)

私の頭の中では、ファンダメンタルを抜きにして、昨年の10月頃からの一気の円安相場の調整的な押しがまだまだ不足のような気がして、現在はその調整の真っ只中ではないのか??という疑問が浮かんで離れません。

もちろん、絶対はないこの世界。

臨機応変に対応していかなければ・・・ということで、今週の相場環境はというと・・・



日足で見ると、綺麗な上昇フラッグのチャネルが引けます。

前述の長期の調整の感が拭えませんが、第一候補としてチャネル下限まで引きつけてのロング戦略。

チャネルラインをブレイクして直近高値を上抜けしていくようであれば、ロング目線に変更しなければなりません。

第二候補はやはり、三角下限までのショート目線。

もう少し、長期的に見てみると・・・その三角形の幅も狭まってきて、収縮相場的な様相を呈してくれば、一気に調整で90円、という絵も見えてきます。

ドル円の相場が今の98円から99円程が適正であると市場が見ているのであれば、今しばらく行ったり来たりを繰り返すのかな??とも思います。

結局は上へも下へも対応しましょうということでしょうか・・・(当たり前か・・・)。

チャートはいつも綺麗な形を作りたがるので、フラッグチャネルと、三角持ち合いに注視して行きたいと思います。


では!!




ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/39-ae936609