ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

日足の重要性

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

最近のドル円はボラが高く

利益が取りやすい相場となっています。


そこそこ教科書通りの動きなので

トレードもしやすいですしね。


そんな中ドル円はどこが長期押し目になるのか?

この見極めが必要な場面です。


昨日の晩一時115円台を付けましたが

さてここが押し目になるのでしょうか?


先日の記事の押し目のゾーンが

ピシャリ当たってましたね^^

おかげで利益が取れました!



もちろん短期ではここが押し目とするならば・・・?

との相場観で望むのが王道ですが

今日の夕方からはショートで望んでいました。


まあ深夜のFOMCの見極めか

動きが鈍いのと予想外の動きだったので

深追いはしていませんが。


何故ショートで望んでいたかというのは

日足を見ての戦略でした。






まだ今日のローソク足は閉じてませんので

何とも言えませんが

本日の最高値117.760円が何に抑えられたかというと

チャートを見てわかるとおり

15日の安値に触って叩かれています。


日足レベルで言うと

昨日16日の陰線下落に対しての

戻り売りが少なからず入るだろう・・・

との相場観が生まれます。


その考えの元短期で売り場を探していました。


さあ、今日の日足確定で

どんなローソク足になるのか??


FOMCの結果次第でもありますが

このまま上髭で終われば

もう一段下、そして四角で囲った

窓を埋めることも・・・?

と考えています。


明日の仕事なのでもう寝ますが

朝のチャートはチェックしようと思います。


では!!



ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/363-2cd74e36