ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

逃げの美学②

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

それでは前回の続きを・・・。


吟味してエントリーした後。

この後のシナリオとしてはいくつかあります。


①エントリードンピシャでそのまま利益が乗っていく。

②エントリードンピシャで一旦利益が出るもその後戻ってくる。

③エントリーポイントを抜かれて含み損を抱えるがその後利益方向へ行く。

④エントリー後マイナス方向へどんどん行ってしまう・・・。


この4パターンの②の場合についてでした。





この時そのまま保有か、一旦逃げるか

の判断が必要になりますが

スキャルの場合はなるべく損害を少なくしなくてはなりません。


ここで2つの場合について考えます。

tettai.png


①②とも共通事項は


Aでエントリーしました。

順調に利益が乗っていきましたが

Bで直近下落の戻しが入りました。


ここまでは想定内です。

問題はその後。



①微益で逃げる場合


このまま利益を取るためには

安値を切り上げて上へ行って欲しい訳です。


その思惑通りCでABの上昇の押しが入り上へ行きました。

しかしBの高値を抜けきれず

Dの高値を付けてCの安値を下抜けました。


ここで撤退します。


理由はこのブログで何度も言っている通り

買いと売りの攻防です。


Cを下抜けたということは

直近下落の戻し売りがAB上昇の押し目買いより強かったということ。


ここは微益撤退がいいでしょう。



②建値下抜けで損切


このパターンはABの押しが入らず

そのままAの建値まで戻ってきた場面です。


これは建値Aを下抜けたらあきらめて損切りします。


理由はAB間で売り買いの攻防がなかったから。

こういう場合は建値A付近のCから

ダブルボトムの形で上がっていくことも考えられます。


それが失敗に終わってからの損切りということです。

うまくいけば建値で逃げられます。


是非ともチャート検証していただきたいと思います。


では!!








ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/336-78856bd3