ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

逃げの美学①

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

今回はスキャル的な記事になります。


ここで言うスキャルとは

短期間で10pips以内を取っていく手法です。


超短期勝負なので

ちょっとでも含み損を抱えたくないところ。


エントリーの吟味は

過去記事でも説明してますので

ここでは割愛します。


吟味してエントリーした後。

この後のシナリオとしてはいくつかあります。


①エントリードンピシャでそのまま利益が乗っていく。

②エントリードンピシャで一旦利益が出るもその後戻ってくる。

③エントリーポイントを抜かれて含み損を抱えるがその後利益方向へ行く。

④エントリー後マイナス方向へどんどん行ってしまう・・・。



表題の『逃げの美学』ともあるように

今回は②の時の判断方法を考察します。


この時のエントリーポイントは間違ってなかったということですが

相場観はどうだったんでしょうか?


得てしてこういう時は曖昧な相場観だったということが多いです。


そしてそのエントリーが利益方向から帰ってきた時に

何を持って失敗エントリーだと判断して

最悪建値で逃げるのか?


次回はその考え方の一つを紹介したいと思います。


では!!



【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/333-388616cf