ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ドル円 相場観

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

ではお約束通り

今回はドル円のチャートから見える絵を考えます。


まずは4H足チャートです。




このチャートでの相場観を順を追ってみ見ていきます。

110円を付けた後からですが

一度大きく売られました。

早い押し目でもう一度打ち上げられましたが

高値に届かず落ちています。


その上昇が続かなかった場所に黄色のレジ(レジ②)を引いています。


そしてダブルボトム付近で揉み合いました。

上がる素振りを見せましたが

結局は売りに負けました。


そのゾーンに青色のレジ①を引いています。


どこまで下がったかというと

日足のサポートで買い支えられました。


日足押し目から買いが入って

レジ①まで上がって止まりました。


まとめます。


今中期目線では日足サポートと4Hレジ①の間にいるということです。


もうひとつ大事なことは

このレジ①はどんなレジなのか?


私は重要なレジはレジ②の方を考えてますので

このレジ①はいつ抜けてもおかしくないと思っています。



短期の15分足を見てみます。

2014-10-26-1.png


日足押し目から上がって

4Hレジに当たった相場の上昇A。


この上昇Aの押し目を拾いたいわけです。


上昇Aの綺麗な押し目はBのゾーン。

ここまでくれば積極的にロングを入れたいところ。


しかしレジ①に当たった後の反応は

とてもここまで来るような素振りではありません。


その中での早い押し目は赤のライン。


ここはターゲットにしたいところです。


ではテクニカルはどうでしょうか?


チャートから見えるのは

チャネルラインとハーモニック【スリードライブ】そしてフィボ61.8%。


明日のスタート次第ですが

チャネル上限で跳ね返されるとこのシナリオが成り立ちます。


もしこのままレジ①に突入し抜いていくようだと

見送りか飛び乗りかの選択だと思います。



今回は丁寧に見ていきましたが

どの場面でもこんな感じで分析をしています。


今週はFOMCもあるのかな?

楽しみですね!


では!!



【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/329-52e56124