ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

テクニカルは必要か?②

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

テクニカルについての考察の続きです。


相場観を養うためにレートの意味が大切だ

という事は紛れもない事実だと確信していますが

それだけでは説明できないこともあるのが相場です。


そのための役割をテクニカルで考えてみます。


まずは今現在のドル円のチャートを見てください。


2014-10-25.png


昨日トレードしながら見ていた相場ですが

簡単に相場観を言うと押し目を狙いたいところでした。

(詳しい相場観は明日載せる予定です)


その中で押し目が入った雰囲気の

ローソク足が出てきました。


青の四角で囲った部分ですが

ここはレートでの判断ができたのかというと

見てわかる通り私には

なんの情報も得られていませんでした。

(もしかしたら重要な情報があったかも知れませんが・・・)


しかし、この押し目風の上昇が分からなかったのかと言うと

こうなるのでは?との考えはありました。

その判断がまさにテクニカル。


詳細は明日の相場観の記事にするつもりですが

レート判断だけではナゼココで??

というプライスアクションが起こることがあります。


その際たる例が【PIVOT POINT】

何もないところで反応してるのを

後で確認するとPIVOT POINTだった・・・。

というのはよくある事です。


結局のところファンダメンタルを除く

全てのプライスアクションがわからないと気が済まない!!

という方はあれもこれもと色んなものに手を出さざるを得ません。


しかし、『相場なんだから分からないこともあるさ・・・』

『分かるところだけでトレードしても全然OK』


という考え方に収まれば

必要最低限のテクニカルで十分だと断言します。


表題の【テクニカルは必要か?】という命題は

トレードへの姿勢、考え方によるとの結論とします。


では!!




ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/328-0bea9d44