ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ケーブル(ポンドドル) レビュー&相場観

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

イギリスは無事(?)スコットランド問題を

回避しました。


この騒動で一気にポンドが売られましたが

結果 安堵感で買い戻されています。


このような重大なファンダメンタルがあっても

大きなテクニカルの範囲に収まるという

いい例が出ました。


6月にケーブルの相場感を示してました。

6月ケーブル記事


三角保合いを突破した相場が

そろそろ押し戻されて

三角上限付近がポイントか?


としてました。


昨日のチャートです。





お見事です。


綺麗な押し戻し。

そしてプライスアクション。


私の相場観はよく当たりますが

稼げるかは別の話・・・。




では今後を見てみましょう。

ここで反応して上を目指すなら

ハーモニック【バット】パターンが見えます。


そのハーモニックのD点は

過去の下落のスタート付近の

ネックラインと重なりますし

三角の最大幅との距離も同等です。


なかなかいいポイントではないでしょうか。



長期の目線は決まりました。


では短期的にはどうでしょうか?


2014-9-20-1.png


短期的にも2つのハーモニックが見えます。


長期の押し目で反応した相場が

一旦最初のネックラインで頭を叩かれています。


ここは長期と短期の攻防で

揉み合うかもしれませんが

このネックラインを突破しても

2つのハーモニックによって

もう一度叩かれる可能性があります。


イケイケで上を目指すのではなく

いろんなパターンを考えて

相場に望みたいと思います。


では!!




ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/305-9a145f35