ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ユーロ円 ハーモニック相場観

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

年初来、長い間レンジ状態だった

ドル円が勢いよく動き出しました。


昨日104円を超える場面もあり

4月の高値を一瞬超えました。


最高値の105円台が見えてきましたが

ドル円の分析は次に譲って

今回はポジションを持っていたユロ円を見ます。


米ドルに対してユーロ、円ともに売られており

判断しにくい状態になっていますが

ハーモニックでの考えを示します。





まず一昨日にバットパターン完成を見て

PRZ下限でショートしました。


損切りをPRZ上に置いてましたが

ギリギリPRZ上限で反転してくれました。


昨日一気に下がったところで利確しました。


利確した理由は最終ゾーンギリギリまで

買われたということとドル円の勢いが強いということです。


ここはバットパターンを通り越して

クラブパターンになることも考慮しました。


そこでクラブパターンの完成形をイメージすると

上のチャートに示したとおり

クラブPRZと過去レートから考えた

プライスアクションゾーンが重なってる部分があります。


ここが一つの肝になるのかな?と判断します。


もちろんこのままバットパターンとして

下がっていく事もありえます。


今現在短期足ではどっちつかずの動きをしていますので

シナリオを上下考えた上で

明確なサインが出たところでエントリーして行きたいですね。


では!!



ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/287-5bdcb988