ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ユーロ円 上値を考える

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

ユーロ円は今まで下方向へのプランを

示してきましたが

ここに来て上値を狙う可能性も

見えてきました。


ドル円がここまで下値が硬いと

やはり上方向のプランも有り得るでしょう。




簡単に行きますね。


チャートを見ての通り

フォーリングウェッジを描いてるように見えます。


フォーリングウェッジとは

上値下値とも段々と下がって行きながらも

相場が収縮していること。


このチャート形状は

反転のサインとして使われます。


ではどこを越えたら目線を上へ変えるのか?


チャートの丸の場所。


ここを一つのポイントと見ています。


理由は以下に。

・戻り売り最終ゾーン(赤帯)

・ウエッジ上限

・WeeklyPivotR1(チャートには表示してませんが・・・)

・フィボナッチ38.2%超え(〃)


もし上へ行くなら強気で攻めれるかな?

と思っております。


要注意ですね!!


では!




ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/266-52055235