ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ダウ理論 応用編【基準足】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

ダウ理論を用いてトレンドフォローを狙う。


基本中の基本です。


これで勝てている方は恐らく

スイングトレードで長期目線の人だと思います。


短期足でスキャルピングトレードをする場合

そのままのダウ理論では勝てないと思います。


どうしてか?


短期足はノイズが入りやすい


ということ。



いつも見ている時間足は何分足ですか?


自分の基準足だけ見るのではなく

その基準足からの長期足と短期足を

しっかりと見なくてはいけません。


『基準足ではダウが崩れた!!』


『目線変更だ!!』


いいと思います。


しかし


長期足ではダウは崩れず

そこが押し目ポイントかもしれません。


まさに


木を見て森を見ず


トレードとは


大空から俯瞰で街中を見ながら

しかし

小さいアリの挙動を確かめる。


そういう作業が必要です。


次回はチャートを見ながら確認したいと思います。


では!!



ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/245-0ecf8f80