ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

保有の考察②【伸びる所と揉む所】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback

前回の記事から少し時間が経ちました。


ポジションの保有について

長く放置する場所と

すぐに決済する場所。


前回の記事はコチラ⇒保有の考察


ポイントはエントリーする際に

どのような波を期待しているのか?


言い換えれば


今後どうなる可能性が大きいのか?


その考えに則って

放置なのか即決済なのかの準備をしています。


もっと言えば


事前にどのような波を描くのかを予測しておくと

波のちょっとした変化にも対応でき

撤退の決断を早めて

損失を防ぐこともできます。



これは自分でチャート検証などで

いろんなパターンを見ていくしかありませんが


私の2つの考え方を簡単に記録します。



大きく分けて


①そのまま伸びていくポイント


②揉み合いに入るであろうポイント


について考えます。



チャートで説明していきましょう。


下のチャートは15分足ですが

長期目線は上方向。

水色矢印のように大きい波を描いてきました。


保有の考察


戦略はもちろんロング。


長期足で押し目をつけた後

どこからロングするかという場面


上昇①で小さいレジスタンスを抜いてきました。



この上昇①波の押し目をブルーゾーンで拾います。(押し目①


ここの押し目やその上にある押し目群は

そもまま伸びていって欲しい波になります。


何故か??


長期波の調整下落の戻り売りポイントである

レジスタンス(赤い線)を抜いてるので

全員の目線が上方向へ揃ったポイントだからです。




では上昇②に対する押し目②を見てみましょう。



長期波で高値を超えてまだまだロング戦略です。

一旦調整が入ってますので

長期押し目ゾーンから買っていきたいところです。


上昇②でV字反転しました。

押し目に反応したか?と判断できます。


ここでロングを打つ場合は

揉み合いになる可能性を秘めています。



何故か??


長期調整下落の戻り売りポイントを

まだ上抜けてません。(赤のゾーン)


という事は


長期押し目買いVS短期戻り売り


の戦いがあるだろう・・・と

考えなければならないからです。



いかがでしょう。


そのまま抜けていって欲しい波と

揉み合うだろう波。



事前に考えているのであれば

保有時間が変わってくると思います。


チャート検証もひとつひとつ具体的に

目的を持って行うとグッと確度が増してくると思います。



是非確認してみてください。



では!!










ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/222-0192534f