ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

プロトレーダーの足跡②【形から入る人】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
チャート形状やローソク足形状など

巷にはいろんな【形】や【エントリーポイント】が

紹介されてます。


私も最初の頃はチャートで【形】ばかり追いかけていた時期があります。

しかしそれで勝てたのか?

と問われれば答えはNOと言わざるを得ません。


ではチャートパターンやローソク足形状などは

全くの無意味なのか?

と問われるとそれもNOだと思います。


これだけ活発にいろんなパターンが検証されているので

市場参加者が意識しないわけがありません。


相場は集団心理で動きますので

チャートパターンはハマれば強力だと思います。


ではどうしてパターンだけでは勝てないのか?


ズバリそれは・・・

【形だけで考えている】

からだと思います。


このブログでは何回も言ってますが

チャートには相場を動かす機関投資家たちの

生の息吹が隠れています。


この息吹を見つけ検証することと共に

チャートパターンと合わせることが重要です。


では、チャートパターンでも有名な

【ヘッド&ショルダー(H&S)】

で考えてみたいと思います。


略図で書くとこのような形です。




相場転換のサインとして使われますが

私も注意してみているパターンの一つです。


まず最初にこのH&Sは相場の転換ポイントとして出現するので

見ている時間足よりも大きな足で

レジスタンスに到達しているのか?

という判断が必要です。


次にこのH&Sを形成する過程に注意します。


当然初めは上昇トレンドで上がって来ています。


HS3.jpg

このような形です。


という事はロングで攻めている人たちの心理は

押し目を付けた所で

高値を抜くトレンドフォローを考えています。


こういう形を狙ってるわけですね。

HS4.jpg


しかしロング勢力の思惑通り行かず

下がってくるわけです。


ここで考えなければいけません。

① 前述した通り、大きな足でレジに到達したのか?

② 下がってきたチャートにプロトレーダーの足跡があるか?


ここでいうプロトレーダーの足跡とは

【買いと売りが戦った痕跡】

という事です。


相場はこの【買いと売りの戦い】が全ての基本です。

考え方は過去記事でどうぞ⇒相場の基本シリーズ


この足跡がどこにあるのか?を見つけなければなりません。

HS5.jpg

上の図の囲んだ場所。


この辺にその足跡が隠れています。


そしてその足跡を吟味する必要があります。


当然足跡が無かった場合は情報がないので

このH&Sでのエントリーは様子見にならざるを得ません。


このようにただ単に形だけで入るのではなく

どのようにその形ができたのか?

その経緯を考えるのが重要だという事です。


次回は実際のチャートで検証していきたいと思います。


では!!


実際のチャートでの検証記事です。

ご覧下さい。

【チャート形状 H&S】

応援クリックをお忘れなく・・・。




【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/187-43d041df