ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

2月10日週 ドル円相場観

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
重要イベントの米雇用統計が終わりました。


この雇用統計は指標の中でもマンモス級。

反対ポジションを持ってると爆死しますので注意が必要ですが

テクニカルが当てはまらないかというと

そうではありません。


結局はテクニカルの範疇内だと思います。

ですので私はシッカリと利益を上げられました。

過去の記事でも書きましたが

指標とは相場のスピードを速めるキッカケに過ぎない。

その程度に考えています。


その証拠に金曜日はドル円で

指標で一気に下がった101.45円付近の買い上げゾーンから

ロングで利益が取れました。


そして一気に指標を帳消しするように行って来い。

ここで今後の推移が若干見えてきます。


では相場観に行きましょう。

まずは日足。



日足では高値更新後の調整中。

フィボナッチの50%でシッカリ支えられ

去年9月11日の高値付近でもありました。


この調整がどこまでかは分かりませんが

一旦の目標は達成したのかなと考えられます。

波の見え方は人それぞれですが

ダウ理論的には上方向です。


次に4H足。

usdjpyh4-2-9.png

こちらはダウ理論で言えば下方向です。

下げのスイングでのフィボナッチで61.8%を戻してます。


4H足レベルでは図示した高値を抜けるまでは

下目線継続ですが

雇用統計の下ヒゲをどう見るか??


買い上げのサポートに当たり行って来いとなってるのを考えれば

すでに戻すための調整を終えたとも取れます。


シナリオは上と下両方考えなければなりません。

下は従来通り100円付近までを考慮しながら

4H上目線になれば積極的にロング戦略かな?

と思っております。


勘違いしてはいけないのが

FXは予想することが目的ではなく

利益を上げることが目的ですので

臨機応変に対応しましょう!!



では!!



【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/165-51571958