ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ドル円大胆予想!③【予測1】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
早速、仮説の検証と予測を始めて行きたいと思います。


前回は小さいエリオット波動の4波完成後の5波進行中との仮説を基に考えましたが、今回はまだ3波進行中との仮説で考えます。

前回、前々回と見ていない方はそちらからご覧下さい。

前回の記事  前々回の記事


【警告】
この記事は管理人の個人的な意見でありトレードの最終判断はご自身の責任でお願いします!!


ブログランキング
usdjpydaily-12-14ー2


②3波進行中と見ると・・・


まず現在はウェッジではなくチャネルラインでの上昇と捉えます。

そして3波の完成する場所を計算します。


大きいエリオット波動と同じように辿るのであれば、3波は1波の3倍となるはずです。

1波値幅(2.432)×3=7.302

3波始点(96.939)+7.302=104.241円・・・①

この付近が3波完成の場所になります。

そうすると、チャネルをもう一波こなして切り上がるのかな?と考えます。



前回と今回、この2つの仮説を基に予測を立てると面白いことがわかります。


まず、前回の5波進行中の場合の着地点を予測します。

エリオット波動論では・・・


《予測》5波の値幅は1波の起点から3波の終点の値幅の61.8%もしくは38.2%と考えられる。

計算してみましょう。


【61.8%の場合】

起点から3波(6.817)×61.8%=4.213

よって着地点は・・・101.623+4.213=105.836円・・・②

【38.2%の場合】

同(6.817)×38.2%=2.604

よって着地点は・・・101.623+2.604=104.227円・・・③


なんと!!①と③、5波進行中と3波進行中、2つの仮説とも104.2円付近が導き出されます。

非常に面白いですね!!


ですのでこの付近で一旦反発が考えられます。


しかし、既に金曜の時点で103.911円を付けているので許容範囲誤差での達成とも考えられますので注意が必要です。




それと、大きいエリオット波動で考えると、ここで5波完了とするにはちょっと短いかな?とも思います。


次回、最後にすべての検証から導き出せる、去年から続くエリオット波動の最終着地点を予測したいと思います。



では!!

ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/128-8055fb67