ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

ドル円大胆予想!②【ドル円レビューその2】

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
前回の記事を見ていない方はまずそちらをご覧下さい。

前回の記事⇒ドル円大予想!①


大きいエリオット波動はズバッとハマってますよね?

今回は小さいエリオット波動を分析します。


大きいエリオット波動の第5波。

この中にもエリオット波動が存在してます。


前回と同様、エリオット波動論に基づき検証します。

ブログランキング
usdjpydaily-12-14.png


①まずは仮説として4波まで確定したとして考えます。


《検証1》次の波動は先行する波動の戻しのフィボナッチ%になることが多い。

図解はしていませんが、2波は1波の76.4%戻しです!

また、実体が少しはみ出してますが、4波は3波の23.6%戻しになってます。

ただ、戻しが少し短いかな?とも思います。


《検証2》第3波の値幅は第1波の値幅の等倍、1.618倍、もしくは2.618倍になりやすい。

3波値幅(6.439)÷1波値幅(2.432)=2.647

まさしく2.618倍の近似値です!!


《検証3》3波が大きく伸長した場合5波はウェッジになりやすい。

今現在が5波だとすると、ウェッジのような形状に見て取れます。

ウェッジ第2波の切り上がりが怪しいですが、詳細に見ると僅かですが切り上がってます!!!



しかし、まだこれは確定ではありません。

4波の値幅(3波の戻し)がやや物足りない気がしますので、未だ3波の途中とも考えられます。


次回は、小さいエリオット波動が3波途中だと仮定して検証します。

そうするとまた、面白い事実が浮かび上がります。


では!!

ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?


【オリジナルテキスト】
なぜそこで相場は反応するのか?
相場の心理に隠された謎を解き明かす
エントリー方法第1弾!!


記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawase.fx-tom.com/tb.php/127-df9bec59